FC2ブログ
東京都内を中心にフリーでSM活動(主に個人プレイ:完全予約制)をしているミストレス更科青色のブログ。SMプレイ画像や雑記などを掲載中。詳細は http://seiro-sarashina.com からどうぞよしなに。

更科青色のBlogは、オフィシャルサイトとの統合のためURLが変更になりました。
5秒後にオフィシャルサイトへ移動します。
よろしければブックマークの変更をお願い致します。
※もし移動しない場合はこちらをクリックして下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- ]  
   Category:スポンサー広告
相も変わらずご新規マゾで衣装リクエスト無しだとこの格好…。

変態女

ここは変態S女更科青色の寝室。
彼女は夜な夜な若い男をさらってきては、
自室に引きずり込み、自分の好きなように調教するという
とんでもない趣味を持っていた!
(趣味っていうか犯罪だよね…)

今夜の獲物はこの若者。

捕われの若者

抵抗できるのも最初のうちだけ。
そのうち快楽に抗えなくなって最終的には私の性奴隷! 私のペットになる運命だったのよ!
神○駅付近をウロウロしていたのが貴方の運の尽き!
抵抗をやめて大人しくしなさい…。

:::::::::::::::::::::::::

こんな感じのストーリープレイだったのだけど、
こちらのマゾ、「本気で抵抗する(けど拘束から逃れられない)」状況好きだったようで…
こちらがビックリするくらい本気で抵抗されたので、圧迫責めで押さえ込んでても振り落とされそうに何度もなって、ストーリープレイっていうより格闘プレイのようになってましたね(笑)

楽しそうな私

『捕われて無理矢理○○される』

というのはよくありがちなマゾの想像だと思ってしまうところがSM脳の怖いところであります。
よくよく冷静になって考えてみると猟奇的。

だからストーリープレイ中の私は大抵、犯罪者だし変態者だしどうしようもない奴で、逆に私がいつなんどきお縄を頂戴されても拘束されても捕われの身になってもおかしくないのであーる。



◆Official Site「I・O・B」◆ http://seiro-sarashina.com

◆Twitter◆ https://twitter.com/seiro_sarashina



[ 2013-05-20 ]   Comment(2)
   Category:ストーリープレイ・設定プレイ
新年度になったので、取引先の銀行の支店長に挨拶をしに行く日だというのに、課長との待ち合わせ時間に遅れそうな更科青色。

高山課長からお叱りを受けるのは仕方ない。
でも上に報告されたら査定に響く!(毎回コレばっかり)

ここはなんとか挽回しなければ…

:::::::::::::::::::::::::::::::

「課長、本日は大変申し訳ありませんでした。以後気をつけます…」

「謝罪の言葉はいらないわ。言葉より態度で今後は示しなさい。今日はもう帰っていいわよ」

「はい…」

静かに怒ってる様子の高山課長。
やっぱりミスを帳消しにする何かをしなければいけない。

私は自分の鞄に隠し入れていた麻縄を取り出した。

「いやあっ! 何するの青色さん!」

「フフッ…。私、本当は高山課長の秘密を知ってるんですよ」

「なに? 何のことを言ってるのかさっぱりわからないわ! それより早くこの縄をときなさ…」

最後まで言わせず猿轡をかませることに成功したらこっちのもの。

ピンク大好き高山課長


「実はさっきまで一緒にいた三I住T銀行のI袋△口支店の支店長は私の学生時代の友人なんですよ。
だから教えてもらったんです。ひろ子はM女だからいざとなったら縛ってやれば言いなりになるって。
いつも支店長に可愛がってもらってるんでしょう…」



:::::::::::::::::::::::::::::::


今回の導入はざっとこんな感じでした。

まあ、後は『恥ずかしい写真を撮りまくってそれをネタに脅して私の性奴隷として堕ちてゆく…』

という毎度おなじみのパターンなんですけど(笑)

恥ずかしい格好の高山課長

毎回、同じだから、

「何の理由があって、私の言いなりにならないといけないのか」

という言い訳作りが毎回必要になってくるわけですよ。

そこで唐突ですが、

高山ひろ子さんは化粧してもしなくても宮崎あおいに似ていてとっても可愛いのです。

M字開脚高山課長

…それがなんなんだっていうお話なんですが、

このプレイの前々日、三I住T銀行のI袋△口支店の口座に振込をすませないといけなかったのに、自分が普段使わない銀行なので、なかなかATMにたどり着けなくて、やっと振込終了後に大学時代の友人と呑んでいたら、好きな女性のタイプは宮崎あおいであるという事実を惜しげも無く披露され、精神的童貞野郎の趣味なんて聞いてねーよと思いつつも、こいつは明後日の高山ひろ子との設定プレイに組み込んでやれ、そしたら私の脳内でみんな幸せ、特に私が一人で勝手に脳内妄想膨らますことができて最高に興奮するので私は幸せ大団円。


リアリティーを含ませた方が嘘の真実味が増すと思いませんか?




◆Official Site「I・O・B」◆ http://seiro-sarashina.com

◆Twitter◆ https://twitter.com/seiro_sarashina






[ 2013-05-12 ]   Comment(2)
   Category:ストーリープレイ・設定プレイ
部屋に帰ってきたらひとりの男が私の下着を漁っていた!

「ちょっと! 誰! なにしてるの!」

あわてふためいて逃げるどころか男は縮こまってしまった。

でも変態には慣れっこの私。
下着を漁られたことより、お気に入りの下着を取られてないかの方が心配。

「なにその大きなバッグ…まさかそっちに私の下着入ってないでしょうね! ちょっと見せなさい!」

逆に男の持ってきたものであろう大きな鞄の中身をチェックしたところ

明らかに私のものではない

スクール水着や数々の変態アイテムが出てきた。

「ふ~ん、お前、変態なんだね~。
私の言いなりになるんだったら今回の事は許してあげてもいいよ。
まずは、そうね…実際にどうやってこの変態アイテムを使って遊んでるのか、私の前でやってみせてよ」



カウパー氏腺液出てます

(ハイ、この時点で指一本触れてないのにカウパー氏腺液出まくりです♪)

「何かあったときの為に、お前の恥ずかしい姿をちゃーんと写真に撮らなきゃね~」


トリコロール変態全体像

(変態アイテムを身に付けて強制オナニーの図。ストッキングに目を奪われがちですが、乳首をはさんでいる洗濯バサミに鈴をつけている用意周到さに注目すべし)

「こんな恥ずかしい格好させられて興奮するなんて…この変態っ!!

…続きはこれをご覧の皆様の想像力におまかせします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんな感じの台本持ち込みプレイでした。

台本

この台本を読む限り、キーワードは

蔑み、軽蔑、罵倒、嘲笑、尋問、強要、「この変態っ!」というセリフ。

前にプレイしたときはそこまで
『冷ややかに厳しく蔑むような態度でお願いします』
でもなかったんだけど、どうやら多忙でストレス溜まりまくりだったらしい(笑)

そういうときの普段と離れた場所で普段会わない人からされる『フェイク罵倒』ってスッキリするものですよね~↑↑↑


【Official Site「I・O・B」】 http://seiro-sarashina.tumblr.com/

【Twitter】 https://twitter.com/seiro_sarashina


[ 2013-01-03 ]   Comment(2)
   Category:ストーリープレイ・設定プレイ
淫乱女教師、高山ひろ子
続・淫乱女教師、高山ひろ子

ストーリーはこの続編。

自分撮り忘れたんだけど(スイマセン)
私は大学生の役で、高山ひろ子先生は高校時代の先生です。

レズビアンのサディスト更科青色と淫乱女教師高山ひろ子は同窓会で再会してしまった!

ひろ子の運命やいかに???

1幕

当然の様に前回の恥ずかしい写真をネタに脅す私。

「今の教え子に見られたくなかったら大人しくした方が先生の身の為よ」

そう、前回の脅しが効いて、付属大学に無事合格することが出来た。
付属大学と高校は隣接している。
今すぐにでも放課後の教室に忍び込み、
ひろ子の恥ずかしい写真をばらまくことは可能なのだ。。。

3幕

そしてまた淫乱女教師、高山ひろ子は
体が覚えてしまった快楽に逆らうことが出来ず、
レズビアンのサディスト更科青色の罠に
みすみす、はまってしまうのだった…。

終演

ハッキリ言ってプレイ内容は毎回同じです(笑)

でもストーリーを微妙に変えて楽しんでます♪



[ 2012-05-01 ]   Comment(2)
   Category:ストーリープレイ・設定プレイ
写真掲載NGな方だったので、
ワタクシ画像でお茶を濁させていただきますね。
ボウタイブラウス

珍しくオジョーヒンなイメージの
白のボウタイブラウスなんか着ちゃってます。

この日は百合?ストーリープレイでございました。

遅い時間に仕事が終わって更衣室に行ったら
前々から虎視眈々と狙っていた同僚が着替え途中で、
チャンスは今しか無いと思ったワタクシが彼女を口説き落として
コトに及ぶことに成功したはいいけれど、
行為の途中で

彼女が実は女装したマゾ

だったことが判明したんだけど、

更科さんはバイセクシャルのサディストで
何でもアリな変態女
だから、

彼女が彼だろうがお構いナシ に、

ド変態の淫乱クソオカマの豚野郎に
ペニバンをしゃぶらせまくった挙句、
強制オナニーを命じる。


大体、こんな筋書きだったと思います。

下半身

だから下半身はこんな感じ。

どーでもいいけど、このストーリー、
私にとってはリアル過ぎてなんか嫌だな(笑)


[ 2012-01-15 ]   Comment(2)
   Category:ストーリープレイ・設定プレイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。